欧州の旅・・・蘇ったワルシャワ

ヘルシンキ空港から二時間弱、無事ワルシャワ空港に到着。
ワルシャワからプラハまでのツアーをお願いしている林原さんと空港で合流しホテルに向かいました。

ここからは食事も移動もホテルもツアーにお任せ・・・少し緊張がほぐれ、みんなとの待ち合わせ時間まで街を歩くことになりました。

飛行機の中でワルシャワについて勉強、現在のワルシャワの街は戦後の復元と知りびっくり。
第二次世界大戦で壊滅状態だった街を、市民の手で元の姿そっくりに再建し、市民の不屈の熱意が評価され、1980年に世界遺産に登録されたと知りました。

知らずに歩けば全くわからない程の建物群です。

d0345090_21572720.jpg

d0345090_21582897.jpg


王宮の中は明日みんなで見学予定です。

d0345090_22061981.jpg


ショパンの心臓が眠っているという教会に立ち寄りました。

d0345090_22013481.jpg


旧市街をぐるっと一周。
何処を歩いても中世を感じる建物に囲まれ、観光気分で楽しく見て回りました。

翌日はいよいよツアー開始
バスに乗り込みワルシャワ見学からスタートし、ベラルーシーとの国境近くにあるビャウォビエジャに向かいました。

d0345090_22432819.jpg


d0345090_22443097.jpg

王宮内部はピカピカキラキラ、空襲を受ける前にほとんどの調度品を外に持ち出し被害を免れたと聞きました。
ポーランド人のガイドさんの説明を日本人ポーランド在中の三和さんに通訳していただきじっくりと内部を見学しました。

昼食はバスの中でサンドイッチ。
ビャウォビエジャまでの長い移動・・・

夕方やっと到着です。

d0345090_22564863.jpg


d0345090_22580541.jpg

ヨーロッパバイソンが街のシンボル
今日の宿泊先にもバイソンいました。

明日はビャウォビエジャの原生林に入ります。
ベラルーシーにも入国・・・ちょっと不安。


















[PR]
by kokolab-yk | 2017-07-11 23:06 | Comments(0)